日本マイクロソフト、Surface Bookを2月4日から国内販売することを発表!1月14日から予約受付を開始です!

Surface Book Surface
スポンサーリンク

日本マイクロソフト、Surface Bookを2月4日から国内販売することを発表!1月14日から予約受付を開始です! | モバツウ。日本マイクロソフトは、すでにアメリカで販売されており日本での販売が期待されていた「Surface Book」を2月4日から日本国内で販売することを正式に発表しました。

なお、2月4日からの販売に先立ち、1月14日から予約受付を開始することも合わせて発表されています。

スポンサーリンク

Surface Book

Surface Bookは13.5インチで解像度3000×2000という高解像度かつ他にない3:2比率のPixelSenceディスプレイを搭載した2-in-1ノートPCです。液晶部分の脱着が可能で、タブレットとしても使用できるし、キーボードと合体させてノートPCとしても使うことが可能です。

CPUは全て第6世代(Skylake)のCore i5/Core i7プロセッサが搭載されています。

また、モデルによってはキーボード側にNVIDIAの外部GPUを搭載したものもあり、パフォーマンスの面でも抜かりはありません(外部GPU非搭載モデルもありますけどね)。

気になる価格ですが、法人向けと一般向けで価格が異なります。個人向けのほうが若干高いです。ただし個人向けにはOffice Home & Business Premium プラス Office 365サービスがプリインストールされるのでその分お得かなという見方もありです。

Core i5 8GB/128GBモデル
一般向け:204,800円
法人向け:190,800円
文教向け:171,120円

Core i5 8GB/256GBモデル(外部GPU搭載)
一般向け:249,800円
法人向け:235,800円

Core i7 8GB/256GBモデル(外部GPU搭載)
一般向け:269,800円
法人向け:255,800円

Core i7 16GB/256GBモデル(外部GPU搭載)
一般向け:344,800円
法人向け:330,800円

※価格はすべて税抜

なお、2月3日までに一般向けのモデルを予約すると、Surfaceペンスタンドがプレゼントされるようです。

個人的にもかなり気になっているSurface Bookですが、やっぱり結構いいお値段で販売されることになってしまいました。特に一番高いモデルは税抜で344,800円、税込なら372,384円となっており、気軽には行けない感じです(^^;

コスパで行くと一番安いモデルでも良いかなとも思いますが、もし自分で買うとしたら上から2番目(Core i7/8GB/256GB)かなぁと思いました。一番高いのも良いかなと思いましたが、メモリが2倍の割に価格も結構跳ね上がるところが気になるからです。

プロセッサの差が付けてあるなら納得ですが、非公表なのでCore i5同士、Core i7同士で上位・下位モデルの差があるのかは現時点ではわかりません・・・。

日本マイクロソフトプレスリリース:Windows 10 搭載最新ノート PC「Surface Book」を 2 月 4 日(木)より発売

公式オンラインショップ「Microsoft Store」でも早速予約受付始まってますよ!


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました