Surface Bookの実機を見てきました。

Surface Book Surface
スポンサーリンク

Surface Bookの実機を見てきました。 | モバツウ。先日も記事にしましたが、2/4発売のSurface Bookの実機展示が一部家電量販店で始まったので、「こりゃ見ておかなくては!」と思いまして、早速そのSurface Bookの実機を見てきました。

スポンサーリンク

これがSurface Bookの実機です!ここが日本マイクロソフトのコーナーでSurface Pro 4やSurface 3も一緒に展示していましたが、Surface Bookの展示は1台だけで、外部GPU非搭載のCore i5モデルだったと思います。
IMG_20160131_163232

キーボードはちゃんと日本語のものがついていました。ちなみにSurface BookはWindows 10 Proがプリインストールされていますが、先日の累積的な更新プログラムまできちんと適用されていた状態でした。
IMG_20160131_163240

これが日本語キーボードです。アイソレーションキーボードで、キーも打ちやすくあまり変な癖のない配列ではありますが、唯一このカーソルキーの上下キーだけはいただけないですね・・・。そんなに使う頻度は多くないといえば多くないですが、押し間違えやすそうなのが気になります・・・。一枚板で作られてる感じなので、ガシガシキー入力してもキーボードがたわむことはまずなさそうです。個人的にはそこは重要な点だと思ってるので、Surface Bookのキーボードに関しては良い印象です。
IMG_20160131_163251

液晶は解像度が3000×2000という独特の解像度設定になっていますが、フォントがやたらと綺麗に見えました(笑)。Surface Pro 4もそうなんですけど、Windows 10のデフォルトの日本語フォントはフルHD以上の解像度だとえらく綺麗に見えますが、低解像度(1366×768くらい)だと同じフォントなのに汚く見えるんですよね・・・。もうちょっと画面をアップで撮影しとけば良かったです(^^;
IMG_20160131_163255

そして、ノートPCモードからタブレットとして使うために液晶部分を外してみました。こうなります。
IMG_20160131_163407

液晶部分の外し方は、キーボードの一番上の列の右から2番目のキーが液晶部分のロックを解除する役割なので、そのキーを押してからでないと液晶が外れません。

Surface Pro 4とSurface Book、どっちがいいかというと個人的にはSurface Bookの方が欲しいです(笑)。

しっかりとキー入力できる感じは両者を比べるとSurface Bookの方が断然好みでしたし、液晶も大きく、その驚異的な解像度(3000×2000)も魅力です。

同じ13インチ同士だと、OSこそ違えどMacBook Pro 13インチRetina DisplayモデルがプレミアムノートPCという観点ではライバルになると思いますが、CPUも最新世代だし、解像度も13インチのRetina Display以上ということもあり、MacBook Pro 13インチRetina DisplayモデルはSurface Bookに対しては分が悪い印象を受けました。

ガジェットとしての魅力はやっぱり液晶を外してタブレットとしても使える点ではSurface Bookの方が優っていると思います!!

Surface Bookは公式オンラインショップ「Microsoft Store」でも予約受付中!


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました