Redmi 4X 実機レビュー(1) お約束の開封の儀から始めます。

Xiaomi Redmi 4X Redmi 4X 実機レビュー
スポンサーリンク

Redmi 4X 実機レビュー(1) お約束の開封の儀から始めます。 | モバツウ。先日ちょこっと予告していましたが、Xiaomiのスマートフォン「Redmi 4X」の実機レビューをやっていきたいと思います。

今回もGEARBESTより評価機を提供いただいております。

Redmi 4XはSoCがSnapdragon 435を搭載しており、スタンダードモデルの2GB/16GBモデルと、上位モデルの3GB/32GBモデルがありますが、今回は2GB/16GBのスタンダードモデルの方です。

Redmi 4だと上位版としてSoCも1ランク上のSnapdragon 625になったPrimeがありましたが、Redmi 4Xにはそれがないようです。

スポンサーリンク

では早速やっていきたいと思います。

Redmi 4Xのパッケージです、白を基調としたシンプルな感じになっています。「4X」とでっかく入っているのは、Redmi Note 4Xと共通ですね。右上にはメモリとストレージを示すラベルも貼られています。
image

下部には「mi」ロゴがあります。
image

右側面には「紅米4X」と書かれています。そしてお約束の後から貼ったであろう封印シールも貼られてます。
image

上部は下部と同じで「mi」ロゴです。
image

左側面には「紅米4X」と書かれています。
image

底面です。下半分はRedmi 4Xのスペックなんかが書かれています。上のラベルはGEARBESTが貼ったものと思います。「Black International Ver」という表示がありますね・・・。
image

パッケージを開けてみます。Redmi 4Xのブラックが登場しました。
image

そして説明書らしきものが・・・。
image

広げてみるとこんな感じです。
image

もちろんですが、日本語の説明はありません。英語でもそれなりには理解できると思いますけど・・・。
image

付属品は説明書以外でこんなものが入っています。SIMカードトレイを取り出すピンはちょうど真ん中あたりにあります。
image

USBケーブルです。Redmi 4XはUSB-Cではなくて、一般的なmicroUSBポートなのです。
image

ACアダプターです。コンセントは日本と同じ形状ですね。
image

これで、Redmi 4Xのパッケージの中身は全部です。
image

という感じで、Redmi 4Xの開封の儀は終了です。

パッケージは必要最小限のものしかありませんでしたね。

Redmi 4Xは2GB/16GBモデルも3GB/32GBモデルもGEARBESTで販売中です。スタンダードモデルの方は1万円台前半で購入できるので、Xiaomiのスマートフォン初心者にもサブで使うスマートフォンとして持つのも良さげです。

2GB/16GBモデル
Xiaomi Redmi 4X 4G Smartphone – INTERNATIONAL VERSION 2GB RAM 16GB ROM BLACK

3GB/32GBモデル
Xiaomi Redmi 4X 4G Smartphone – GLOBAL VERSION 3GB RAM 32GB ROM BLACK


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました