Redmi 4X 実機レビュー(5) CPU-Zでハードウェア情報を確認します。

Xiaomi Redmi 4X Redmi 4X 実機レビュー
スポンサーリンク

Redmi 4X 実機レビュー(5) CPU-Zでハードウェア情報を確認します。 | モバツウ。Redmi 4Xの実機レビュー5回目です。

前回はRedmi 4Xの初期設定をやりましたが、今回はハードウェア情報をCPU-Zを使って確認しようと思います。

スポンサーリンク

では、CPU-Zを起動してみます。

SoCはオクタコアのSnapdragon 435 1.4GHzです。1.4GHzは最高速の場合で、普段は可変です。
Screenshot_2017-05-09-01-04-20-883_com.cpuid.cpu_z

デバイス情報です。液晶は約5インチ(4.97インチ)、メモリは2GB、内蔵ストレージは16GBなのですが、実利用可能なのは9.65GBです。
Screenshot_2017-05-09-01-04-30-746_com.cpuid.cpu_z

システム情報です。プリインストールはAndroid 6.0.1ですが、MIUI 8なので素のAndroidではありません。
Screenshot_2017-05-09-01-04-52-105_com.cpuid.cpu_z

バッテリー情報です。
Screenshot_2017-05-09-01-05-06-595_com.cpuid.cpu_z

端末内部の温度情報です。
Screenshot_2017-05-09-01-05-17-100_com.cpuid.cpu_z

内蔵されているセンサー類の情報です。ジャイロセンサーは情報を見る限りあります。低価格な中華スマホではジャイロセンサーはコストの関係のか省かれていることが多いですが、Redmi 4Xは標準モデル(2GB/16GB)でもちゃんと搭載されていました。
Screenshot_2017-05-09-01-05-27-455_com.cpuid.cpu_z

ということで、Redmi 4Xのハードウェア情報をCPU-Zで確認しました。

Redmi 4Xは2GB/16GBモデルも3GB/32GBモデルもGEARBESTで販売中です。スタンダードモデルの方は1万円台前半で購入できるので、Xiaomiのスマートフォン初心者にもサブで使うスマートフォンとして持つのも良さげです。

2GB/16GBモデル
Xiaomi Redmi 4X 4G Smartphone – INTERNATIONAL VERSION 2GB RAM 16GB ROM BLACK

3GB/32GBモデル
Xiaomi Redmi 4X 4G Smartphone – GLOBAL VERSION 3GB RAM 32GB ROM BLACK

ASLING Redmi 4X専用TPUケース 202円
ASLING Case for Xiaomi Redmi 4X – TRANSPARENT

ASLING Redmi 4X専用ガラスフィルム 269円
ASLING Film for Xiaomi Redmi 4X – TRANSPARENT


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました