“Bash on Ubuntu on Windows”に対応したWindows 10 Insider Preview Build 14316がリリース!

Windows 10 Insider Preview
スポンサーリンク

"Bash on Ubuntu on Windows"に対応したWindows 10 Insider Preview Build 14316がリリース! | モバツウ。先日のMicrosoftの開発者向け会議「Build 2016」でこの話題が出た時、正直「!?」と固まってしまいました(笑)。

Windows 10でUbuntu LinuxのBashが動く!?

何を言っているのかわかんねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・。

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったような、階段を登っていると思っていたら、実は降りていたことに気づくくらいの衝撃です。

スポンサーリンク

と、そんな具合にいきなりだと混乱してしまいそうな機能が、今後のWindows 10のアップデート(Windows 10 Anniversary Update)で追加されるんですが、それに先立ってInsider Previewの最新ビルドから新機能を先取りです。

“Bash on Ubuntu on Windows”と呼ばれるこのUbuntu Linux由来のBashは開発元のCanonicalとMicrosoftの共同開発の賜物ということで、いわゆる仮想化技術などは用いておらず、LinuxのシェルがWindows内部でネイティブ動作するように仕立てられているようです。

つまり、RubyやPythonのWindows向けのバイナリを用意しなくても、Bashでapt-getコマンドで入手出来ちゃうんでしょうし、Windowsのファイルシステムへのアクセスも出来ちゃうんだと思います。

もっともこの話題は思いっきり開発者寄りの話なので、一般的な使い方をする上ではたいして重要ではないと思います。

でもMicrosoftが昔ながらのコマンドプロンプトもあるのに、Windows PowerShellもあるのに、さらにLinux由来のシェルをもWindowsに取り込んでしまう行為は、興味深いですねぇ・・・。

その他今回のビルドでは、システムテーマをライトとダークと切り替えられるようになったり、Cortanaがクロスデバイス機能を持つようになりました。このCortanaのクロスデバイス機能というのは、モバイルデバイスの通知をPCで受けられるようにしたり、あるいはその逆だったりと使い方に寄っては意外と便利そうに思います。

例によってFast ring向けのリリースなので、焦らずに正式リリースを待てる方は待ち、待てない方は早速アップデートでしょう!

ただUbuntuのBashを動かすには、ちょっと設定変更も必要になるようです。

Microsoft公式ブログ:Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14316


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました