Xperia X Performanceは6月24日から日本国内で発売開始!

Xperia X Performance SO-04H au
スポンサーリンク

Xperia X Performanceは6月24日から日本国内で発売開始! | モバツウ。最近海外の話が多いので、たまには国内の話題でも。

日本の大手3キャリアともに今年のXperiaシリーズのハイエンドモデル「Xperia X Performance」の取り扱いを表明していましたが、ひとまず発売日が3キャリアともに出揃ったようです。

スポンサーリンク

Xperia X Performance SO-04H

代表してNTTドコモ版のSO-04Hの画像ですが、詳細に関してはキャリアごとに見ていきたいと思います。

肝心の発売日に関しては、6月24日からNTTドコモ、au、ソフトバンク揃って販売開始となります。

NTTドコモの場合(SO-04H)

端末代金が一括購入の場合税込90,072円とアナウンスされていて、データパックやシェアパックの契約プランに応じて割引が入ります。

端末代金が一番安くなる組み合わせは、データMまたはLパックとシェアパック10以上の組み合わせで、かつMNP転入の場合です。この場合は端末代金が実質20,736円まで下がります。

auの場合(SOV33)

端末代金が一括購入の場合税込92,880円です。

毎月割適用後の実質負担額ですが、auスマートパスに入るか入らないかで変わります。

auスマートパスに加入する場合:43,200円

auスマートパスに加入しない場合:50,976円

という具合に役に立つか役に立たないかは置いといて、パッと見てauスマートパスに入らないと料金的にもったいない感じに仕向けられている雰囲気で、auスマートパスに入るか入らないかだけで比較すれば、実質負担額には7,776円の差があります。

そのauスマートパスが372円(税別)なので、税込にするとだいたい400円くらいです。

24ヶ月ですと400円×24回=9,600円となるので、別にauスマートパスに加入しなければそもそも9,600円余分に支払う必要がなくなるので、auスマートパスに加入するか加入しないかの差は実はそんなに大きくはない気もします。

しかしながら、auスマートパスに加入したら、ウイルスバスターは使えるし、データ保存も50GBまで対応する点では実利用上メリットはあるでしょう。個人的にはアプリがどうのこうのとか、クーポンには興味が無いのでその2つだけでも良い気はします。

ソフトバンクの場合

端末代金は一括購入の場合税込93,120円です。

もちろん月月割の適用があって、MNP転入の場合は実質負担額が16,080円(670円×24回)となります。

ドコモの場合はデータパックとシェアパックの契約プランで割引額がだいぶ変わりますが、ソフトバンクの場合はシンプルですね。

個人的にも展示機を触ってみたんですが、5インチって案外持ちやすいサイズだなという実感は強くありました。今普段使いがiPhone 6s PlusとNexus 5Xで、どちらも5インチ超えてるスマートフォンなので、片手操作は結構難しいです。

その点5インチくらいだと見栄えは今時のスマートフォンとしては小さく思えるかもしれませんが、持ちやすさを考えると今はこのくらいが妥当なサイズなのかもしれません。もっと言うとiPhone SEやiPhone 6/6s、Xperia Z5 Compact、上限でNexus 5くらいのサイズ感(結局5インチ未満ばかりじゃないか!)が個人的には一番しっくり来るのかなぁなんて・・・。


【こちらも要チェック!!】
GEARBESTのオトクなフラッシュセール特設ページこちら!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingのオトクなクーポンコード情報はこちら!

スポンサーリンク


この記事が面白かったな〜と思ったら、ランキング応援お願いします!  にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ ブログランキング

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました